着物に関する情報が満載!

撫子衣装

着物姿の女性に男性が色気を感じる理由

着物姿の女性に男性は色気を感じると言います。
西洋から来た洋服に比べて露出度が極めて低いのに、なぜ男性はこのように感じるのでしょうか。
一説には見た目はすきがなさそうに見えるが、実はすきだらけだからとも言われています。
というのは着物は簡単に言うと布を体に巻いているだけのような服なので帯をほどくと簡単に脱げてしまうと思われているからです。
実際には帯をほどいても腰紐など色々あるのでそう簡単にほどけるものではないですが、時代劇の悪代官の下りからそのように想像する男性が多いのかもしれません。
また、服によって隠されていることがかえって想像力を掻き立てるからという説もあります。
うなじが色っぽくていいというのはうなじからつながる背中、腰などを想像するからでしょう。
着物の魅力を最大限に引き出すには正しい着方がベストです。
よく肩を出したり、ミニスカートのような丈にしてきている若い女性がいますが、これは色気というより品のなさを強調してしまうことになるのです。

着物を着た際の色気とは

着物を着る際には、髪の毛をまとめてアップすることが多いものです。
その際に、ちらりと後ろ側に見える綺麗な白いうなじや背中は、非常に色気があるでしょう。
少し残った後れ毛も魅力的なものです。
また着物というものは、帯のみで締められている服であり、帯をほどけばスルスルと脱がすことができます。
美しい和装は奥ゆかしく上品なものですが、帯を外せばすべて肌があらわになるとい点も、男性の好奇心を駆り立てる要素があるといえるでしょう。
露出がないからこそ、色気があるのです。
また着物を着ていると、帯を締めているので背筋が伸びて姿勢が良くなります。
背筋を伸ばした女性には凛とした雰囲気が漂い、そこにもまた大人の女性の色気が感じられるでしょう。
そのほかにも、正座をしたり、何かを取る際などに袖の裾をまくったり、ヒップライン、そして足袋から上の素足がちらりと見えたりするあたりも、なんともいえない色っぽさが見え隠れするものです。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2015/12/24